前へ
次へ

転職時に営業求人に応募する場合の雇用形態

転職時に営業求人に応募する場合、大きく分けて、正社員・アルバイトやパート・派遣社員があります。
それぞれ特徴があるので、転職時に営業求人の応募する際に自分にあった働き方はどれなのかをよくよく考えてから面接に挑みましょう。
正社員の場合は、基本的に定年まで働けるので、安定しています。
給料も高いですし、各種手当も付くことが多いです。
職務範囲は、非正規社員より広く、マネジメントも学ぶことができます。
会社に対し大きく貢献できれば、課長や部長などの役職につくことも可能です。
アルバイトやパートの場合、自分にあった働き方ができます。
例えば、週4日だけとか一日6時間だけとかという働き方も可能です。
自分は営業に向いているのかを確認するために、まずはアルバイトやパートで勤務するというのもありでしょう。
プライベートや家庭と両立しやすい働き方です。
派遣社員は、職務範囲は社員(新人)と同じような場合が多く、即戦力性が求められます。
そのため、今までのキャリアをいかすことが可能です。
給料も、アルバイトやパートより高いことが多いです。

Page Top